ピアニスト みゆき先生のブログ

埼玉県新座市池田にある小さなピアノ教室です。講師はデュオのピアニストとしても活動中。ピアノ教室での様子や自身の音楽活動などについて綴っています!

ワンコの介護🐶

ラム(ミニチュアダックスフンド)19歳。



こんなに小さいのに、何人もの大人を振り回すかわいこちゃん(;´д`)


存在感は半端ない。



生命力も半端ない。



足腰はこの一年で、みるみる弱ってるのに、食欲は衰えない。


自分で食べる力がないときも、口に入れてあげれば食べる…(*_*;



寝てるときと食べてるとき以外は吠えたり何かを要求したりで、常にかまっていないといけない。



睡眠も、ちょこちょこ起きるし、日によっては夜通し寝ずに吠えたりする。

ラム用の防音室も用意した。


人間がくたばってしまいそうだ。



ラムは調子がいいと、真っ直ぐ進めるけど、めまいがしてるのか、ぐるぐると回ってしまう日もある。そんな時はやっぱりよく吠える。気持ち悪いのかな、と。



ちょっとボケてる所もありそうだけど、トイレも教えるし、空腹の時、眠い時、何でも意味があって吠えてて、欲求が満たされると寝る。調子が悪いと寝ないで困らせるけど…(*_*;



でも、全部わかってるから、体は弱っても意思ははっきりしてるから。

やってあげなきゃ、わかってあげなきゃ、って、こっちも必死にラムが何を要求してるのか探ろうとする。



決して邪険にはできないのだ。




ラムの場合はまだ小さいし、喋らないし、可愛いし、大変だけど…。頑張れてる。




これが、大型犬だったら…。

これが、人間だったら…。




色々考えると、本当に介護は大変だ(;´д`)


介護においては、色々な事件が起きてしまうけど。「わかる…。」と思ってしまうほど、大変だと思う。

親の介護をするのも、そう遠くない年齢にきてるけど、ラムから学ぶものは大きい。



この小さな体で必死に生きてるラムは、本当に愛しい。


最期まで、精一杯犬生を全うさせてあげたい。


ショパン演奏動画あり♪/体験レッスンありました!

昨日は、待ちに待った体験レッスンがありました♪


こちらのブログと共に始めた、ピアノ教室検索サイトでのブログを書き続けて2ヶ月め。

そちらのサイトから一件のお問い合わせか入りました。


生徒さんのママもたくさん協力してくれています!ご自身のタイムラインに生徒募集のお知らせをしてくれたり、ブログに飛べるQRコードを作ってチラシに貼ってくれたり、ママ友にお声掛けしてくれたり…♪



本当に今は保護者様に恵まれて、支えられながらピアノ教師をやれてる感じです(^^;



その甲斐もあり、一人の生徒さんが体験レッスンに来てくれました!




小学一年生の女の子です\(^^)/

体験レッスン終わってから、「楽しかった!やりたい!」と即決して頂きました(о´∀`о)



恥ずかしがり屋さん、とゆうことで静かな感じの子でしたが、私自身もそんなにテンション高くなく、「いかにもピアノの先生!」風ではないので…(^^


そうゆう子の方が、気があって仲良くなれたりします(о´∀`о)



ほんの2,30分でピアノの魅力やレッスンの在り方を伝えるのは難しく、体験レッスンの内容はいつも考えています。


いかに楽しさを出せるか(^o^;)



私も、少し慣れてきたのか、昨日は楽しく体験レッスンを進めることができました。



お母様の感想は

「小学1年生とか関係なくしっかり教えてくれるので良かったです。1年生には少し厳しいしっかりした教え方をしてくれるので、上達も早そうだな、と思います。ほめてもくれるので、子供のやる気も出してくれていいです。」



なかなか的確な感想を書いてくれました(^-^)



厳しいこと言ってるつもりは全くないのですが…(*_*;

自分の子も、5年生と中2なので、小さな子の扱いを忘れてるかも…(^^;


でも、怖いわけじゃなく、とっても優しいですよ~♪



ピアノを教えるのに、対象が小学1年生だろうが4年生だろうが中学生だろうが大人だろうが、基本的に内容は同じなので。

やることも、進みかたも同じ。


ただ、理解力の違いで進度は異なるとは思いますが。


小さい子向けに音符にかわいらしい名前をつけたり、動物のカードを使って覚えたり、鍵盤にシールをはったり、とゆうやり方もあるようですが、私はそれはやりません。



ドはドだし、4分音符は4分音符。(笑)

鍵盤の場所も、黒鍵の並びで覚えていきます。


なんのひねりもなく、そのまま教えちゃうので、厳しく感じちゃったのかなぁ?とも思います(*^^*)



ともあれ、即入会してくださったので、その方針でサクサク進めていきたいと思います(*^^*)どれだけ上達してくれるか、楽しみです!!





さて話は変わり、北京でピアノ教師をしている大学時代の友人からリクエストがありましたので、動画を上げました♪



ショパンのワルツ7番です。

生徒さんに次弾かせるそうです。



ショパン ワルツ op.64,No.2


友人も頑張ってると思うと励みになります!

♪演奏動画〜「いのちの歌」「Summer」

今回は2曲♪


まずは「いのちの歌」。


いのちの歌〜ピアノソロバージョン〜


もうだいぶ前の朝ドラ「だんだん」で、劇中の音楽ユニット「シジミジル(マナカナちゃん)」が作った唯一のオリジナル曲という設定で流れていました。


作詞を手掛けたのは「Miyabi」というペンネームで詞を提供した【竹内まりや】さん!


生きていく事の意味…


巡り会えた奇跡…


ドラマの内容に沿って、人と人との出会いや共に生きていくことの尊さを壮大に歌った曲です。


親子になれた奇跡、兄弟姉妹になれた奇跡、友達になれた奇跡、夫婦になれた奇跡…



全ての出会い、存在は「奇跡」でできている。その全てが「宝物」なんだ、とゆうことを改めて感じる心に響く一曲ですね~♪




2曲めは、Summer/映画「菊次郎の夏」



Summer/映画「菊次郎の夏」ピアノソロ


北野武監督作品の映画「菊次郎の夏」のメインテーマ。



幅広い音楽性がたくさん詰め込まれた、「これぞ久石譲!」といった楽曲♪


劇中では様々なアレンジで繰り返されています。


Summerは、トヨタカローラのCMでも使われていて、テーマはみんなの耳に残っていると思います。


この一曲に、色々なアレンジがあり、それぞれ違ったタイトルがついているので、色んなSummerが世に出ています。


この菊次郎バージョンは皆さんの知っているSummerとは、雰囲気が少し違うかもしれないですね~(*´∀`)


北野武監督の「リリカルなイメージで」というこだわりも盛り込まれたアレンジになっているようです。